健康な歯を守り育てる

お口は全身を健康に保つ器官です。

正しいプラークコントロールは、
お口の健康を守ると共に体の器官を守ります。

お互いの幸福のために、虫歯になるのはいやですよね!
私達も、歯を削ったり、抜いたりしたくないのです。

お口の健康が体の健康を守ります

私達の口の中には、300種類を超える細菌が歯や歯肉、舌などに何億も存在しています。

これらの細菌が虫歯や歯周病などの原因です。

歯のまわりに増えた細菌は、炎症を引き起こす物質をつくり、
これらの物質や一部の細菌は、血管を通して各器官へ運ばれます。

このような細菌や物質が、さまざまな体の病気に関わっていることがわかってきています。

肺炎

お口から気管を通って細菌が肺に入り込み肺炎を起こすことがあります。
特にお年を召した方は、 反射神経が弱まる為、更なるお口の手入れが大切です。

心臓の病気や心筋梗塞

歯周病の細菌が心臓の内膜に付着して、
炎症(細菌性心内膜炎) を起こすことがあります。

糖尿病 免疫力の低下

血管系の病気、低体重児出産などの原因にもなります。

これからの歯医者のかかり方

今までのかかり方(治療が目的でした)

痛みがある・つめた所が取れた・歯がグラグラする
しみる・入れ歯の調子が悪い治療の為に来院されていました。

「痛かった」「治療が長くかかった」「お金がたくさんかかった」
いやな想いばかりが浮かびます。

これからのかかり方(予防を目的に)治療の為でなく

虫歯や歯周病にならないように、
お口の健康を維持する目的で来院して頂くところ。

こんな子に来て欲しい!

むし歯の無い子

今後ずーと、大人になっても永遠に虫歯ゼロを維持する。

むし歯がすぐにできる子

このままでは、ほとんどの歯が虫歯になってしまいます。

欧米などでは、 むし歯を作らない。歯周病にならない。
予防のために歯科医院へ通院されている方が、70~80%位。(地域差はあります)

日本では、70~90%位の方が治療目的で歯科医院に通われています。
しかし、日本の歯科医院もどんどん予防に力を入れています。

予防を実践しようとしている診療室

先生
「がんばって通われましたが、今日でむし歯や歯周病の治療は終了です。」
Aさん
「ヤッター!もうこれで、歯医者に来なくていい。」
先生
「Aさん。治療は今日で終わりですが、これからは今後新しいむし歯ができないように、
また歯周病にかからないように予防のために、歯の掃除に通ってください。」
Aさん
「今日で終わりじゃないですか!」
Aさんの気持ち
「もう今日で終わりだと思ったのに。まだ通うのか!今日で終わりにしたい。」

予防のために歯科医院に通うことは、なかなか難しいのが現状です。

北欧などでは、18歳ぐらいまでむし歯予防のために歯科医院に通わせています。

やはり治療が怖い、治療が痛い、お金がかかる、時間が無い、めんどくさいなど、今までの治療体験から歯科治療に対する不安や不満、不信感などから、通院にどうしても足が遠のいてしまいます。

安易に解決できる問題ではありませんが、 北欧などでは、18歳ぐらいまでむし歯を作らないように強制的に歯科医院に通わせているそうです。18歳ぐらいまでにむし歯を作らなければ、今後むし歯になる確率は非常に低くなります。

むし歯の無い幼児期から歯科医院で管理をしていくことで、健康な「歯」が守られ、歯を削ったり、抜いたり、「痛い」という経験もしたことがありません。歯科医院の印象は、「痛い所」ではなく「歯を強くしたり、歯を守ってくれる所」に変わります。

このように、痛みの経験がなければ、楽しくまでは行かないにしても、もう少し気を楽にして通えるのではないでしょうか。さらに歯からの健康が、医療費全般、歯科はもちろん一般医療費も減少していると聞きます。むし歯を作らないようにするだけで、全体の医療費が削減できるなんてすばらしいと思いませんか。

ライフステージの中で年齢によってリスクに違いがあります。

小児期・高齢期はむし歯リスクが高い年齢にあたります。

小児期

乳歯が生え始めてから12歳ぐらいまでは、歯の質が未成熟で、その上、飲食の頻度なども高いことからむし歯リスクは高くなります。
小児期は、それぞれ歯が生え始めてくるため、1年間むし歯をつくらないようにすると、将来その歯がむし歯になる確率が非常に低くなります。

お母さんガンバレ!
お母さんのがんばりが影響します。

高齢者

唾液の分泌量の減少により、歯と歯茎の境目にむし歯ができ易くなります。

むし歯になり易い人

何が原因でむし歯になり易いか、探すことが重要です。
むし歯リスクテストを行います。

むし歯予防のための歯磨きのポ イ ン ト

2回法歯磨き(スウェーデンのイエテボリ法の改良磨き)

1回目 
少量歯磨き剤を付け、時間をかけて磨き残しのないように行う。
水でしっかり濯ぐ。
理由:歯に付いた汚れを、しっかり落します。

2回目 
歯磨き剤を歯ブラシに充分付けて、隅々まで行き渡るように磨く。
水で濯がない。口に溜まった歯磨き剤を洗面ボールに出す。
そのまま20~30分飲食をしない。
または、就寝。
理由:フッ素をコーティングします。 水でゆすいでしまうと、フッ素が流れてしまいます。

笑気吸入鎮静法でリラックス治療

など、やはり歯の治療って怖いですよネ。
なるべくなら、行きたくない所です。

私達も、本当は治療の為にはなるべく来て欲しくはありません

何か、変な歯医者?

本来は、これからは、予防の為に、医院に来て欲しいのです。

それでも、むし歯や歯周病が進行して痛みが出た時などは、治療を受けなくてはなりません。
自然には、直らないからです。

と心で何度も何度も思われた方が、多くいらっしゃると思います。
そんな時は、恐怖心を軽くしてくれる方法があります。

{ 笑気吸入鎮静法 }という方法で、鼻から酸素と笑気という気体を混ぜたものを吸うと、
体が心地よくなり恐怖心などが取れて、リラックスした気持ちで治療が受けられます。

全身麻酔ではありませんので、意識はあり会話は普通にできます。
不安だけが取れます。

すぐに効き、醒めるのも早いので、車で来られても安心です。

平成19年度学校歯科健康診断実施状況から

12歳児 永久歯う蝕保有状況

市町村 う蝕有病率 一人平均う蝕数 う蝕保有率
豊橋市 46.1% 1.37 2.97
豊川市 44.7% 1.37 3.07
蒲郡市 41.0% 1.03 2.52
田原市 45.8% 1.25 2.73
18年度県平均 45.2% 1.23 2.72

12歳児 要観察歯・歯肉炎

市町村 う蝕観察歯 歯肉炎要観察 歯肉炎要受診
豊橋市 20.3% 23.5% 8.4%
豊川市 17.3% 15.2% 3.2%
蒲郡市 18.6% 15.0% 4.1%
田原市 24.2% 13.3% 8.4%

虫歯状況 平成18年度学校保健総計調査より

虫歯の割合の推移(%) 昭和49年 昭和59年 平成6年 平成12年 平成14年 平成15年 平成16年 平成17年
幼稚園 94.0 83.9 77.0 64.4 61.5 58.8 56.9 54.4
小学校 94.3 91.5 88.0 77.9 73.9 71.3 70.4 68.2
中学校 93.1 92.2 87.7 76.9 71.2 67.7 64.6 62.7
高等学校 94.5 94.3 92.0 85.0 82.3 77.9 76.0 72.7

昭和の高度成長期頃、成人の95%以上の方が虫歯にかかっていました。

上記の表からも、 ご理解いただけると思いますが、早期発見・早期治療の考え方を止め、近年虫歯や歯周病になる前の段階、つまり予防という考え方から幼稚園、小学校などを対象として先生方やご父兄方々のご理解ご協力によりまして、給食後の歯磨きやフッ素洗口また健康教室の開催など子供達の歯の健康を守ることに力を入れてきました。

確実に成果は出ていますが、北欧諸国などと比較してまだまだ差があります。

カリエスフリー率(虫歯の無い子供)

カリエスフリー率(%) 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代
日本 3% 5% 5% 6% 10% 20%
北欧 5% 8% 10% 20% 40% 60%

北欧諸国は、「虫歯をどうしたら減らすことができるのか?

虫歯によるリスク(なり易さ)を探し出す研究が、1980年代より開始されました。その結果、虫歯の状況を調査してみると、2000年代の日本では、20%位なのに対して 北欧諸国は、60~70%位の子供達にまったく虫歯がなかったと報告されています。

虫歯の多い人や、歯磨きをしっかり行っているのにすぐ虫歯になってしまう人などは、 リスクテストを受け、虫歯になる原因を知ることが大切です。


フィンランドに研修に行ってきました。

皆さん、ご存知のように北欧の国々は、大変虫歯が少ないことで有名です。
甘いものを取る量は日本人の約2倍なのに、虫歯になっている人は日本人の約半分です。
(つまり日本人は北欧人よりも約4倍虫歯になっているということです。)

そこで今回フィンランドのトゥルク科学技術大学において、予防とキシリトールについて勉強する機会を得ました。

それは、「小児における虫歯予防」 「母子の虫歯予防とキシリトール」、
幼稚園でのキシリトールの使われ方」など非常に興味深い内容でした。

そこで得た知識を今後の診療に役立てて行きたいと思います。
当院も予防を中心とした診療システムに変換しつつあります。
フィンランドと日本の保険制度の違いもありますが、誰もが健康を願う気持ちは同じです。
虫歯にさせない、削らないことが重要であることを再認識させられました。

母親のだ液中の虫歯菌が1万個以下では 3~4歳児の虫歯が1/4少ない。

母親の歯の清掃で子供の虫歯が減る!?

母親の口腔ケアと子供のミュータンス菌感染率(3歳)

母親の口腔ケアと子供のミュータンス菌の感染率(7歳)

※岩手医科大学歯学部予防歯科の資料より

山内歯科医院
予防歯科、インプラント、審美歯科、小児歯科、矯正歯科
〒441-3421 愛知県田原市田原町築出18-1
電話番号 0531-23-1525 / FAX番号 0531-23-1525

山内歯科医院モバイルサイトもご利用下さい→