山内歯科医院ブログ


田原市の歯科医院・インプラント治療・予防歯科

11月 1st, 2014 at 18:56:08

NHK(プロフェショナル)で、放送されました!

「治療することより、予防することが大切」

「歯科医院は、お口の健康を守る、歯を守るための医療に変わらなければならない!」

と、30年前から診療形態を予防にシフトし、削る治療はできる限りしない、今ある歯を長持ちさせる診療を実践している先生のことです。

それは、山形県酒田市にある、熊谷歯科医院の熊谷先生です。

 

すべての治療が完了してから、数年が経過すると、

新たな箇所や同じ箇所の再治療が必要になる。

つめたものが取れる。

かぶせたところが痛くなる。

治療してもまた悪くなってしまう。

この繰り返しで、最終的に、歯を抜くことになってしまいます。

 

このようなことが、繰り返されないようにする方法はあるのか?

なにか歯を守れる方法はないか?

こんなことを考えていた時、

 

「お口の環境を少し変えるだけで、歯は守れる」

 

という熊谷先生の予防診療に感銘を受け、これは「患者さんの歯を守れる」

この予防中心の診療形態を提供しなければと思い、

酒田市を訪れたのが10数年前になります。

 

熊谷歯科医院での6日間の予防研修は、今までの治療主体の診療から、患者さん個々のお口の環境を知り、予防カリキュラムを作成し、患者さんの意識を変えることから始まります。

 

ところが、診療室に戻り、患者さんに予防の話をしても、誰もが、

「痛い時だけ来ます」

「治療が終わったら、今日で終了」

「痛くないのに何故歯医者に行くの」という返答(時代)でした。

当時、予防の大切さを説明し、実践していくことは非常に困難でした。

 

それでも、多くの人に予防の重要性について知って頂きたいという強い思いがあり、

数回にわたり、小学校、保育園、公共施設、院内などで、

予防の話をする機会を得たことがありました。

 

やはり、歯医者は怖いし、治療でないのにお金がかかるし、予防なんか・・・と、

あまり好意的ではありませんでした。

 

数年前からは、予防の重要性について話し続けた甲斐あって、年齢には関係なく、

「自分の歯をなるべく長くもたせられるなら」

「歯を削らなくてもいいのなら」と

お口のメンテナンス(歯の掃除)だけで来院される方が多くなってきています。

 

今ある歯をできる限り長持ちさせてください。

お子さんには、せっかく綺麗にはえてきた歯です。

一生涯、むし歯のない、健康な状態で過ごして欲しいと思います。